一般社団法人 日本化学工業協会 English
【LRI】一般社団法人 日本化学工業協会
日化協の研究発表・成果
第6期
第5期
第4期
第3期
第2期
第1期
分野 研究者氏名 所属 発表者・演題 Jouirnal・Coference
(開催地・年月)
公募 4 仲山慶 愛媛大学 仲山 慶、磯部友彦、宇野誠一、大野暢晃、半藤逸樹、国末達也
「環境中の化学物質濃度を管理するプラットフォーム「ChemTHEATRE」の構築」
第25回環境化学討論会、新潟、2016年6月
公募 4 仲山慶 愛媛大学 Nakayama Kei, Isobe Tomohiko, Uno Seiichi, HandohItsuki, Ohno Nobuaki and KunisueTatsuya
"ChemTHEATRE- a platform to manage themonitoring data of chemicals in environment."
8th International Conference onMarine Pollution and Ecotoxicology,Hong Kong SAR, China, Jun 2016
指定 2 善本隆之 東京医科大学 大橋美緒、溝口 出、長谷川英哲、千葉祐規乃、徐 明利、善本隆之
「呼吸器感作性を評価する新しい3D共培養系の開発」
第45回日本免疫学会学術集会、沖縄、2016年12月
公募 1 中西剛 岐阜薬科大学 古川誠之、堀部一晃、志水真也、中西 剛、永瀬久光
「エストロゲン応答性レポーターマウスを用いたin vivoエストロゲン作動性スクリーニング試験法の構築」
フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー、東京、2016年9月
公募 4 仲山慶 愛媛大学 仲山 慶、磯部友彦、宇野誠一、大野暢晃、半藤逸樹、国末達也
「環境中の化学物質濃度を管理するプラットフォーム「ChemTHEATRE」の構築」
第25回環境化学討論会、新潟、2016年6月
公募 4 仲山慶 愛媛大学 Kei Nakayama, Tomohiko Isobe, Seiichi Uno, Itsuki CHandoh, Nobuaki Ohno, Tatsuya Kunisue
"A briefintroduction to ChemTHEATRE, the platform to managethe monitoring data of chemicals in environment"
7th SETAC World Congress/SETACNorth America 37th Annual Meeting,Orland, FL, USA, Nov 2016.
公募 1 吉成浩一 静岡県立大学 吉成浩一、中山晴香、橘内陽子、隠岐仁美、保坂卓臣、佐々木崇光、竹下潤一
「分子記述子と階層的クラスタリングを利用したラット肝毒性のインシリコ予測の試み」
第29回日本動物実験代替法学会、福岡、2016年11月16日-18日
公募 1 吉成浩一 静岡県立大学 渡邉美智子、清水佑記、櫛田まどか、隠岐仁美、竹下潤一、保坂卓臣、佐々木崇光、吉成浩一
「薬物代謝酵素シトクロムP450阻害活性を指標とした化学物質の生物学的プロファイリング」
第29回日本動物実験代替法学会、福岡、2016年11月16日-18日
公募 4 仲山慶 愛媛大学 磯部友彦、仲山 慶、宇野誠一、半藤逸樹、大野暢晃、国末達也
「モニタリングデータの有効活用〜環境中の化学物質濃度データベース「ChemTHEATRE」の構築〜」
第19回日本水環境学会シンポジウム、秋田、2016年9月
公募 4 仲山慶 愛媛大学 Nakayama Kei, Isobe Tomohiko, Uno Seiichi, HandohItsuki, Ohno Nobuaki and KunisueTatsuya
"ChemTHEATRE- a platform to manage themonitoring data of chemicals in environment."
8th International Conference onMarine Pollution and Ecotoxicology,Hong Kong SAR, China, Jun 2016
公募 4 仲山慶 愛媛大学 Kunisue Tatsuya, Isobe Tomohiko, Uno Seiichi, HandohItsuki, Ohno Nobuaki and Nakayama Kei
"Establishment ofthe platform ‘ChemTHEATRE’ to manage the monitoringdata of POPs and other environmental contaminants."
DIOXIN2016: 36th InternationalSymposium on HalogenatedPersistent Organic Pollutants,Firenze, Italy, Aug 2016.
公募 4 仲山慶 愛媛大学 仲山 慶、磯部友彦、宇野誠一、大野暢晃、半藤逸樹、国末達也
「環境中の化学物質濃度を管理するプラットフォーム「ChemTHEATRE」の構築」
第22回日本環境毒性学会、松山、2016年9月
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 Yuki Asako, Yoshihiro Uesawa
"High-PerformancePrediction of Agonists on Human Estrogen ReceptorBased on Chemical Structures"
Plos One
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「化学構造の機械学習に基づく毒性発現経路の高精度予測」
日本薬物動態学会 第31回年会シンポジウム・招待講演、松本(2016年10月)
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「機械学習法に基づく毒性発現経路の定量的構造活性相関解析」
住友化学株式会社・社内講演会
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「毒性予測モデルの構築における化学構造の取り扱い」
CBI学会2016年大会・フォーカストセッション、東京、2016/10/25
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「大規模副作用情報に基づく副作用誘発化学構造の解析」
CBI学会2016年大会・フォーカストセッション、東京、2016/10/27
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「JMPの機械学習機能を用いた高精度毒性予測法の開発」
Discovery Summit Japan (SAS)、東京、2016/11/18
公募 2 戸塚ゆ香里 国立がん研究センター Yukari Totsuka, Masatoshi Watanabe, Koichiro Hayashi, Dai Nakae
Development of a novel in vitro mechanism-based evaluation system of the genotoxicity ofnanomaterials"
45th Annual Meeting of theEuropean EnvironmentalMutagenesis and Genomics Society,Copenhagen, Denmark, 2016, August
公募 5 平田收正 大阪大学 氏家和紀、Tran Thi My Duyen、松浦秀幸、村岡未彩、原田和生、平田收正
「タンパク質合成阻害作用を持つ抗菌性物質検出のための紙を基盤とする比色センサーの開発」
日本分析化学会 第65年会、北海道、2016年9月
指定 1 妹尾昌治 岡山大学 松本拓馬、佐々田沙紀、池田雅志、Anna Sanchez Calle、笠井智成、妹尾昌治
「化学物質によるがん幹細胞誘導性メカニズムの解明」
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、2016年11月30日-12月2日
指定 1 妹尾昌治 岡山大学 Takayuki Kudoh, Saki Sasada, Junko Masuda, MasashiIkeda, Takuma Matsumoto, Anna Sanchez Calle, NehaNair, Mami Asakura, Tomonari Kasai, Masaharu Seno
"Exploration of Target Molecules and RelatedPathways Affecting the Conversion of iPSCs into CancerStem Cells by Chemical Compounds"
Informatics in Biology, Medicine andPharmacology 2016
指定 1 笠原利彦 富士フイルム ○藤田正晴1)、笠原利彦1)、山本裕介1)、渡辺真一2)、菅原経継2)、若林晃次3)、田原 宥3)、堀江宣行4)、藤本恵一4)、高橋寛明5)、黒川嘉彦5)、小野 敦6)、小島 肇7)、1)富士フイルム株式会社 環境・品質マネジメント部 安全性評価センター、2)ライオン株式会社 研究開発本部 環境・安全性評価センター、3)三井化学株式会社 RC・品質保証部 化学品安全センター、4)住友化学株式会社 生物環境科学研究所、5)日産化学工業株式会社 生物科学研究所 安全性研究部、6)岡山大学 薬学部、7)医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 安全性予測評価部
「CysおよびLys誘導体を用いた皮膚感作性試験代替法(ADRA法)のバリデーション研究のための技術移転結果報告」
日本動物実験代替法学会第29回大会、九州大学医学部 百年講堂、2016年11月16-18日
公募 5 平田收正 大阪大学 Tran Thi My Duyen, Hideyuki Matsuura, Kazuki Ujiie, Misa Muraoka, Kazuo Harada, Kazumasa Hirata
"Paper-basedcolorimetric biosensor for antibiotics inhibiting bacterialprotein synthesis"
Journal of Bioscience andBioengineering, 123(1), 96-100(2017)
公募 1 吉成浩一 静岡県立大学 Jun-ichi Takeshit, Haruka Nakayama, Yoko Kitsunai, Hitomi Oki, Takamitsu Sasaki, Kouichi Yoshinari
"Discriminative models using molecular descriptors for predicting increased serumALT levels in repeated-dose toxicity studies of rats"
Computational Toxicology
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「Dragon記述子が拓く計算毒性学の世界」
Dragon 分子記述子活用セミナー・東京(2016年12月)
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 植沢芳広
「大規模副作用データベースと計算毒性学に基づく副作用予測」
日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 寺岡 諄
「毒性発現経路統合データベースに基づくNFκB活性化薬物の副作用解析」
日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 樋口涼太
「我が国の副作用データベースにおける薬剤性間質性肺疾患の化学構造情報に基づく網羅的解析」
日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 増山雄平
「化学構造情報を付与した副作用データベースに基づく薬剤因性重症多形滲出性紅斑の網羅的解析」
日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
公募 1 植沢芳広 明治薬科大学 吉田有梨江
「医薬品副作用データベースJADERを用いた
血小板減少症被疑薬の化学構造的特徴の解析」
日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
公募 1 吉成浩一 静岡県立大学 佐々木崇光、渡邉美智子、清水佑記、櫛田まどか、隠岐仁美、竹下潤一、保坂卓臣、吉成浩一 「化学物質のヒトP450阻害活性とその肝障害発症との関連性」 日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
公募 1 吉成浩一 静岡県立大学 橘内陽子、竹下潤一、佐々木崇光、保坂卓臣、吉成浩一
「インビボ毒性試験データを用いた核内受容体PXRおよびCARの新規機能の探索」
日本薬学会第137年会・仙台(2017年3月)
指定 2 亀井加恵子 京都工芸繊維大学 吉田京介、藤尾克則、渡辺 光、竹井小夏、亀井加恵子
「ショウジョウバエへの化学物質曝露による影響の解析」
第44回日本毒性学会学術年会
指定 2 善本隆之 東京医科大学 Izuru Mizoguchi, Mio Ohashi, Yukino Chiba, Hideaki Hasegawa, Mingli Xu, Toshiyuki Owaki and Takayuki Yoshimoto
"Prediction of Chemical Respiratory and Contact Sensitizers by OX40L Expression in Dendritic Cells Using A Novel 3D Co-Culture System"
Frontiers in Immunology


■LRI概要

LRIとは
出資企業
組織

■日化協の研究発表・成果

研究成果
外部発表
関係資料等
研究報告会
その他の活動報告

■研究者の皆様向け

研究募集
採択テーマ一覧
日化協LRI賞
採択研究者

■関連情報
■個人情報保護方針
■お問合せ
■リンク
■サイトマップ
Copyright(C) JCIA All Rights Reserved.