一般社団法人 日本化学工業協会 English
【LRI】一般社団法人 日本化学工業協会
日化協の研究発表・成果
研究成果
概 要
修了課題一覧
知的財産
研究成果一覧
・AIST-MeRAM
SWEEs
研究分野 研究課題 代表研究者 所属 LRI採択研究期間
(1)新規リスク評価
手法の開発と評価

・簡便な曝露評価手法
・動物実験代替試験法
 (含 in vitro,in silico)
事業者の自主管理に資する確率論を援用したヒト曝露評価モデルの開発
明治薬科大学
東海 明宏 国立大学法人大阪大学
大学院工学研究科
1期〜3期
ヒト肝キメラマウスを利用した化学物質の精緻なPBPKモデルの構築 山崎 浩史 学校法人昭和薬科大学
薬物動態学研究室
1期〜3期
化学物質の呼吸器感作性試験法の確立 青山 公治 鹿児島大学
大学院医歯学総合研究科健康科学専攻人間環境学講座環境医学分野
1期〜3期
ターゲット検出法の改良による注意能力の多機能試験法の開発と発達神経毒性への応用 和田 博美 北海道大学
大学院文学研究科
1期
事業者の自主的リスク評価管理を支援する環境リスク評価ツールの開発 林 彬勒 国立研究開発法人
産業技術総合研究所
安全科学研究部門
1期〜3期
遺伝子改変ES細胞を用いた化学物質の毒性に関する評価手法の開発 森田 隆 大阪市立大学
大学院医学研究科
遺伝子制御学
1期
がん化初期段階における「代謝再プログラム化」過程を可視化できるマウスの開発と発がん性試験への応用 田沼 延公 地方独立行政法人宮城県立病院機構宮城県立がんセンター研究所 1期〜2期
メタボリックプロファイリングによる化学物質の内分泌かく乱作用 in vitro 評価系の開発 馬場 健史 国立大学法人大阪大学
大学院工学研究科
生命先端工学専攻
1期〜2期
Active QSAR モデリングによるハザード予測の精緻化 高橋 由雅 豊橋技術科学大学
大学院工学研究科
1期〜3期
化学物質による複雑な肝毒性を予測及び評価するためのインビトロ・インシリコ統合型システムの開発 吉成 浩一 静岡県立大学薬学部 2期〜4期
産業利用促進を目指した新規 in vitro 発生毒性試験の応用研究 山影 康次 一般財団法人食品薬品
安全センター秦野研究所
2期〜3期
ゼブラフィッシュの神経分化を指標とする化学物質の発達神経毒性評価手法の開発 西村 有平 三重大学
大学院医学系研究科
薬理ゲノミクス
2期〜5期
iPS 細胞を利用する化学物質のがん幹細胞誘導性評価技術の開発 妹尾 昌治 岡山大学
大学院自然科学研究科
2期〜5期
エストロゲン作動性化学物質に対する新規 in vivo スクリーニング試験系の構築と低用量影響評価 中西 剛 岐阜薬科大学
衛生学研究室
3期〜6期
化学物質の有害性予測および環境リスク評価・管理システムの高度化 林 彬勒 国立研究開発法人
産業総合研究所
安全科学研究部門
4期〜5期
高橋 由雅 豊橋技術科学大学
大学院工学研究科
4期〜6期
毒性発現経路および化学構造情報を指標とした薬物および化学物質に起因するヒト有害反応の予測法の開発 植沢 芳広 明治薬科大学
臨床薬剤学研究室
4期〜6期
化学物質の変異原性とその毒性メカニズムも理解できる、ヒト遺伝子破壊細胞ライブラリーを利用したバイオアッセイの開発 武田 俊一 京都大学
大学院医学研究科
放射線遺伝学
4期〜5期
新規LysおよびCys誘導体を用いた皮膚感作性予測法(amino acid derivative reactivity assay; ADRA) 笠原 利彦 富士フイルム株式会社 4期〜5期
(2)ナノマテリアルを含む、新規化学物質の安全性研究 ナノマテリアルの安全性予測に資する物性・品質/体内動態/安全性の連関評価 吉岡 靖雄 大阪大学大学院薬学研究科毒性学分野 1期〜2期
工業ナノ粒子の溶解性と生体・生態影響評価に関する研究 岩橋 均 岐阜大学応用生物科学部 2期〜3期
ナノマテリアルの遺伝毒性メカニズムに基づいた新規 in vitro 遺伝毒性評価系システムの構築 戸塚 ゆ加里 国立がん研究センター研究所発がん・予防研究分野 3期〜4期
(3)小児、高齢者、遺伝子疾患等化学物質の感受性が高い集団における安全性 セリンプロテアーゼインヒビター欠損細胞を用いた化学物質過敏症の高感度 in vitro 評価系の開発 中村 晃 学校法人東北医科薬科大学医学部免疫学教室 1期〜6期
ショウジョウバエを活用したシックハウス症候群の発症機構の解明と原因物質評価系の開発 亀井 加恵子 京都工芸繊維大学 2期〜4期
加齢による代謝酵素・トランスポーターの機能変動を考慮した数理モデルを用いた化学物質の体内挙動の定量的予測 楠原 洋之 東京大学大学院薬学系研究科 2期〜4期
化学物質の呼吸器感作性 in vitro 評価法の開発 善本 隆之 東京医科大学医学総合研究所免疫制御研究部門 3期〜6期
(4)生態(環境)への影響評価 化学物質の環境中挙動(水中光分解、加水分解)に関する in silico 予測モデルの開発 高木 達也 大阪大学大学院薬学研究科 1期〜2期
PRTR登録化学物質の包括的リスク評価手法の提案 中田 典秀 国立大学法人京都大学大学院工学研究科附属流域圏総合環境質研究センター 1期〜3期
マイクロコズムを活用した化学物質の生態系リスク影響評価システム手法の開発 稲森 悠平 福島大学 共生システム理工学類 1期〜2期
環境中の化学物質のモニタリング情報を管理するプラットフォーム(ChemTHEATRE)の構築 仲山 慶 愛媛大学沿岸環境科学研究センター 4期〜6期
(5)その他、緊急対応が必要とされる課題 メコン川流域における複合的な環境汚染に対する新規網羅的モニタリングシステムの開発とその実効性の検証 平田 收正 大阪大学大学院薬学研究科 2期〜5期


■LRI概要

LRIとは
出資企業
組織

■日化協の研究発表・成果

研究成果
外部発表
関係資料等
研究報告会
その他の活動報告

■研究者の皆様向け

研究募集
採択テーマ一覧
日化協LRI賞
採択研究者

■関連情報
■個人情報保護方針
■お問合せ
■リンク
■サイトマップ
Copyright(C) JCIA All Rights Reserved.