一般社団法人 日本化学工業協会 English
【LRI】一般社団法人 日本化学工業協会
個人情報保護方針 リンク サイトマップ お問合せ ホーム

第1期

日化協の研究発表・成果
第2期
第1期
分野 研究者氏名 所属 発表者、表題 Journal/Conference名
(開催地、年月)
- 公募 井口泰泉 基礎生物学研究所 Kenji Toyota1, Yasuhiko Kato1,2, Masaru Sato1, Naomi Sugiura1,3, Shinichi Miyagawa1, Hitoshi Miyakawa1,
Hajime Watanabe1,2, Shigeto Oda1, Yukiko Ogino1, Chizue Hiruta1, Takeshi Mizutani1, Norihisa Tatarazako4,
Susanne Paland5, Craig Jackson5, John K Colbourne5,6 and Taisen Iguchi1*
"Molecular cloning of doublesex genes of four
cladocera (water flea) species"
Nature Communications
(ミジンコの幼若ホルモン受容体を単離)
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林 彬勒・平田絵里子・内藤航・加茂将史「AIST-MeRAM: an easy-to-use tool for aquatic environmental risk assessment and management of chemicals」 水環境技術大会(WET2013)
(東京、2013年6月)
Bin-Le LIN, Eriko HIRATA, Wataru NAITO, Masashi KAMO"AIST-MeRAM: an easy-to-use tool for aquatic environmental risk assessment and management of chemicals" the Water and Environment Technology Conference 2013 (WET2013), Tokyo, Japan on the 15th-16th June 2013.
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林彬勒 大項目: 研究成果を社会に還元 新LRI
サブ題目: 生態リスク評価 誰でも使えるツール開発
日刊工業新聞 2013年4月26日(金)27版
Bin-Le LIN Research Outcome for Society---New LRI Nikkan Kogyo Shimbun The April 26 (Friday), 2013 27th Page
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林彬勒 大項目: 動き始めた日化協「新LRI」
サブ題目: 13万件の生態毒性データ
化学工業日報 2013年2月26日(火)
Bin-Le LIN Japan Chemical Industry Association on the train to New LRI Chemical Daily February 26, 2013 (Tuesday)
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林彬勒「持続可能な未来社会へ 産総研のグリーン・イノベーション」に紹介記事:化学物質の生態リスク評価管理―AIST-MeRAM 日刊工業新聞2013年7月25日30面
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林彬勒 産学官ニーズ対応型生態リスク評価管理ツールーAIST-MeRAM 産総研安全科学研究部門ニュースレター第18号
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林・内藤・加茂:化学物質の生態リスク評価の普及と評価の効率化・標準化を支援するソフトウエアーAIST-MeRAM (2013年10月)産総研オープンラボ2013
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 LIN, Hirata, Naito, Kamo (Jun 2013) AIST-MeRAM: an easy-to-use tool for aquatic environmental risk assessment and management of chemicals. Water and Environment Technology Conference, June 15-16 2013, Kaganei Campus TUAT
1 公募 森田隆 大阪大学 JST新技術説明会、口頭発表「多能性幹細胞を利用した毒性の判定方法」 東京JST本部(東京、2012年10月)
1 公募 森田隆 大阪大学 イノベーション関西、ポスター発表「多能性幹細胞を利用した毒性の判定方法」
大阪国際会議場(大阪、2012年12月)
1 公募 森田隆 大阪大学 化学工業日報 動き始めた日化協「新LRI」(12) 2013年4月2日
化学工業日報 2013年4月2日
1 公募 馬場健史 大阪大学 馬場健史,奥野将司,山下俊幸,福崎英一郎「内分泌かく乱作用の評価に資するGC/MSを用いたステロイド類の一斉分析系の構築」 第65回日本生物工学会大会(2013),広島国際会議場
(広島市、2013年9月)
Bamba Takeshi, Masashi Okuno, Toshiyuki Yamashita, Eiichiro FukusakiSimultaneous analysis of steroids by GC/MS for evaluation of endocrine disruption 65th SBJ Annual Meeting, International Conference Center Hiroshima, May 7 (Tue)12 noon on May 28 (Tue), 2013
1 公募 馬場健史 大阪大学 奥野将司,山下俊幸,福崎英一郎,馬場健史
「ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用in vitroスクリーニング系の開発」
第8回メタボロームシンポジウム,九州大学医学部 百年講堂
(福岡市、2013年10月)
Masashi Okuno, Toshiyuki Yamashita, Eiichiro Fukusaki, Bamba Takeshi,
"Development of in vitro screening endocrine disruptor by steroid profiling"
Metabolome Symposium 2013, Kyushu University School of Medicine Centennial Hall (Fukuoka), October 3 (Thu)–4 (Fri), 2013
1 公募 高橋由雅 豊橋技術科学大学 山崎友也、高橋由雅「アクティブサンプリングによる化学物質の毒性予測に関する研究
−類似度によるカットオフ値の導入−」
第22 回環境化学討論会(東京、2013年7月)
Tomoya Yamazaki and Yoshimasa Takahashi,
“Toxicity Prediction of Chemical Substances by Active Sampling; Introduction of cutoff value
by similarity
22th Symposium on Environmental Chemistry
- 公募 長田茂宏 名古屋市立大学
SHIGEHIRO OSADA, SHUGO SUZUKI, CHIAKI YOSHIMI, MIHO MATSUMOTO, TOMOYUKI SHIRAI, SATORU TAKAHASHI and MASAYOSHI IMAGAWAElevated expression of coactivator-associated arginine methyltransferase 1 is associated with early hepatocarcinogenesis ONCOLOGY REPORTS 30: 1669-1674, 2013
2013年10月
(2013年8月2日オンライン)
2 指定 吉岡靖雄 大阪大学 盒興┝、吉岡靖雄、平井敏郎、山口真奈美、角田慎一、東阪和馬、堤 康央「皮膚曝露したニッケルナノ粒子の体内動態解析に向けた基礎的検討」 日本薬学会第134年会
(熊本、2014年3月)
Hideki Takahashi, Yasuo Yoshioka, Toshiro Hirai, Manami Yamaguchi, Shin-ichi Tsunoda, Kazuma Higashisaka, Yasuo Tsutsumi"Basic study for the pharmacokinetics analysis of skin exposure to nickel nanoparticles" 134th Annual Meeting of the Pharmaceutical Society of Japan, Kumamoto, Mar 2014
4 公募 中田典秀 京都大学 鈴木 裕識,田中 周平,藤井 滋穂,中田 典秀,Kongpran Jira,
石川 一真,齋藤 憲光「下水試料中における前駆物質からのペルフルオロ化合物類の生成挙動の検討」
第48回日本水環境学会年会
(仙台市、2014年3月)
Yuji SUZUKI, Shuhei TANAKA, Shigeo FUJII, Norihide NAKADA,
Kongpran JIRA, Kazuma ISHIKAWA, and Norimitsu SAITOStudy on Formation Behavior of Perfluorinated Compounds from Their Precursors in Wastewater Samples
The 48th Annual Conference of Japan Society on Water Environment, Sendai City, March 17 to 19, 2014
2 指定 吉岡靖雄 大阪大学 Hideki Takahashi, Yasuo Yoshioka, Toshiro Hirai, Manami Yamaguchi, Shin-ichi Tsunoda, Kazuma Higashisaka, Yasuo TsutsumiBasic research to reveal the relationship between pharmacokinetics and the physical property of the nickel nanoparticles NanoTox2014
(トルコ、2014年4月)
4 指定 高木達也 大阪大学 Une Taku, Okamoto Kousuke, Miyazaki Hiroki, Kawashita Norihito, Takagi TatsuyaQuantitative Structure-Activity Relationship Study on Environmental Fate of Chemical Substances 5th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress, Melbourne, Australia 13-16 April 2014
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 Bin-Le Lin, Reiko Ogikami, Masashi Kamo, Wataru Naito"AIST-MeRAM: an easy-to-use tool for aquatic environmental risk assessment and management of chemicals " SETAC Europe 24th Annual Meeting, 2014/5/11-15@Basel Switzerland
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林 彬勒, 荻上礼子, 加茂将史, 内藤 航「社会ニーズ対応型生態リスク評価管理ツール(AIST-MeRAM)の開発」 日本リスク研究学会第26回年次大会 中央大学,後楽園キャンパス
(東京、2013年11月)
Social Needs Oriented Software Development (AIST-MeRAM) on Ecological Risk Assessment and Management The 26th Annual Meeting of Society of Japan Risk Analysis, 15th-17th, Nov. 2013, Chuo University, the Korakuen campus
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林 彬勒「AIST-MeRAM:化審法対応可能な実務的生態リスク評価管理」 農業環境技術研究所NIAES30周年記念ワークショップ:第4回農業環境インベントリー研究会「農薬等化学物質のリスク評価を効率的に行うためのインベントリーの構築」.つくば国際会議場(エポカルつくば)
(つくば市、2014年2月)
Bin-Le LinAIST-MeRAM: Practical Ecological Risk Assessment and Management that Corresponding to Kashinhou. 30th anniversary workshop of NIAES: The 4th Agricultural Environment Inventory Meeting on Construction of the Inventory for Performing Efficiently the Risk Assessment of an Agricultural-Chemicals.Tsukuba international conference hall, 27th Feb 2014.
1 公募 林彬勒 産総研・安全科学研究部門 林 彬勒「化学物質の生態リスク評価手法開発と社会での実用化支援」 2014年1月31日に投稿、安全工学誌
Bin-Le LinMethodology Development and Assistance in Utilization in Society of Ecological Risk Assessment of Chemicals
1 指定 東海明宏 大阪大学 石丸智久,山口治子,東海明宏,中久保豊彦(2013)PBPKモデルを用いた同時曝露による代謝阻害のリスク定量化手法の開発:トルエンとn-ヘキサンを例にして,日本リスク研究学会第26回年次大会講演論文集,B-6-3
日本リスク研究学会第26回年次大会
(東京、2013年11月)
1 指定 東海明宏 大阪大学 市川淳也,山口治子,東海明宏,中久保豊彦(2013)PBPK/PDモデルを用いた不確実性係数の縮減に対するモデルパラメータの知見の充足度の影響:クロルピリホスを対象として,日本リスク研究学会第26回年次大会講演論文集,B-3-2
日本リスク研究学会第26回年次大会
(東京、2013年11月)
1 指定 東海明宏 大阪大学 Ishimaru,T., Yamaguchi, H., Tokai,A. and Nakakubo, T., (2013),Development of practical quantifying method applicable for risk assessment of metabolic inhibition during co-exposure in workplaces by applying a PBPK model in humans, Society for Risk Analysis, Annual meeting, (2013.12.7-13,Baltimore) ※
※student merit award for the Dose-Response Specialty Group (DRSG) of the SRA.
※travel award.
Society for Risk Analysis, Annual meeting(2013年12月7-13日、Baltimore)
1 公募 和田博美 北海道大学 Wada Hiromi and Seto Yukina “Effects of perinatal hypothyroidism on shift attention in rats. Organohalogen Compounds, 74:1385-1388, 2012 (http://www.dioxin20xx.org/).
1 公募 和田博美 北海道大学 和田博美、瀬戸友紀奈「周産期甲状腺ホルモン阻害による認知発達への影響−注意機能をめぐって−」 精神神経学雑誌 114(8):949−956,2012
1 公募 和田博美 北海道大学
兵庫医療大学
Wada H, Yumoto S, and Iso H. Irreversible damages to auditory system functions caused by perinatal hypothyroidism in rats Neurotoxicology and Teratology
37: 18-22, 2013
1 公募 和田博美 北海道大学 Wada H. and Seto Y. Effects of perinatal hypothyroidism on divided attention in rats Scientific Committee on Neurotoxicology and Psychophysiology, Cape Town, South Africa, March 23-27, 2013
1 公募 和田博美 北海道大学 瀬戸友紀奈・和田博美 周産期の甲状腺ホルモン阻害がラットの選択的注意に及ぼす影響 .第73回動物心理学会
(つくば市、2013年9月)
4 公募 中田典秀 京都大学 中田典秀 大項目: 動き始めた日化協「新LRI」
サブ題目:有害物質の生成能を把握
化学工業日報 2013年3月5日(火曜日)
Norihide Nakada Japan Chemical Industry Association on the train to New LRI Chemical Daily March 5, 2013 (Tuesday)
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学 山下真直、村山典恵、安達昴一郎、菅原大輔、曽田重人、高野良治、清水万紀子、山崎浩史;げっ歯類およびヒトにおけるモリネート代謝の種差の検討 日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学
Tsukada, A., Suemizu, H., Murayama, N., Takano, R., Shimizu, M., Nakamura, M., and Yamazaki, H. Plasma concentrations of melengestrol acetate in humans extrapolated from the pharmacokinetics established in in vivo experiments with rats and chimeric mice with humanized liver and physiologically based pharmacokinetic modeling. Regul.Toxicol.Pharmacol., 65, 316-324, 2013
S01 指定 山崎浩史 昭和薬科大学
Hiroshi Yamazaki, “Comparison of Estimates of “Normal Exposure through Diet to Internal Dosimetry Generated at NOEL and LOEL Doses in Animal Toxicity Studies. 2013 the International Council of Chemical Associations' Long-Range Research Initiative (ICCA-LRI) and U.S. National Institutes of Health’s National Center for Advancing Translational Sciences (NCATS) Workshop: "What Is Normal?" Implications for Chemical Safety Assessment, 2013, Santa Fe, NM, USA,
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学 Hiroshi Yamazaki; Acrylonitrile Concentrations Hypothetically Modeled in Humans 13th International Congress of Toxicology, 2013, July, Seoul, Korea
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学
Yamazaki, H., Suemizu, H., Murayama, N., Utoh, M., Shibata, N., Nakamura, M., and Guengerich, F. P. In vivo drug interactions of the teratogen thalidomide with midazolam: Heterotropic cooperativity of human cytochrome P450 in humanized TK-NOG mice. Chem.Res.Toxicol., 26, 486-489, 2013.
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学 Higuchi, Y., Kawai, K., Yamazaki, H., Nakamura, M., Bree, F., Guillouzo, C., and Suemizu, H. The human hepatic cell line HepaRG cells, possible cell source for steady generation of humanized liver TK-NOG mice. Xenobiotica, 44, 146-153, 2014.
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学 Murayama, N., van Beuningen, R., Suemizu, H., Guguen-Guillouzo, C., Shibata, N., Yajima, K., Utoh, M., Shimizu, M., Chesne, C., Nakamura, M., Guengerich, F. P., Houtman, R., and Yamazaki, H. ,Thalidomide increases human hepatic cytochrome P450 3A enzymes by direct activation of pregnane X receptor, Chem. Res.Toxicol., 27, 304-308, 2014.
1 指定 山崎浩史 昭和薬科大学 山崎浩史 大項目: 動き始めた日化協「新LRI」
サブ題目: ヒト影響評価の種差克服
化学工業日報 2013年2月20日(水)
1 公募 高橋由雅 豊橋技術科学大学 山崎友也、高橋由雅「アクティブサンプリングによる化学物質の毒性予測に関する研究
−近傍探索法とモデル選択−」
第41回構造活性相関シンポジウム、西宮市、2013 年11 月
Tomoya Yamazaki and Yoshimasa Takahashi,
"Toxicity prediction of chemical substances by active sampling: Neighbor search methods and model selection"
41th Symposium on Sturcture-Activity Relationships, November, 2013, Nishinomiya
1 公募 馬場健史 大阪大学 馬場健史,奥野将司,山下俊幸,福崎英一郎「内分泌かく乱作用の評価に資するGC/MSを用いたステロイド類の一斉分析系の構築」 第41回毒性学会,神戸コンベンションセンター(神戸市、2014年7月)
Bamba Takeshi, Masashi Okuno, Toshiyuki Yamashita, Eiichiro Fukusaki、Simultaneous analysis of steroids by GC/MS for evaluation of endocrine disruption The 41st Annual Meeting of the Japan Society of Toxicology, Kobe Convention Center (Kobe), July 2 (Wen)–4 (Fri), 2014
1 公募 馬場健史 大阪大学 佐々野僚一,山下俊幸,奥野将司,内田滋,福崎英一郎,馬場健史「H295R細胞培養培地上清中における17β-EstradiolおよびTestosteroneのオンライン誘導体化LC-GC/MS測定」 第41回毒性学会,神戸コンベンションセンター(神戸市、2014年7月)
Ryoichi Sasano, Toshiyuki Yamashita, Masashi Okuno, Shigeru Uchida, Eiichiro Fukusaki, Bamba Takeshi、Measurement of 17β-estradiol and testosterone released from H295R cells by the on-line derivatization LC-GC/MS system The 41st Annual Meeting of the Japan Society of Toxicology, Kobe Convention Center (Kobe), July 2 (Wen)–4 (Fri), 2014
4 公募 稲森悠平 福島大学 賀数邦彦、臼井秀人、熊田 純、杉浦 桂、稲森隆平、稲森悠平:水圏モデル生態系マイクロコズムを用いたSDSのP,R(生産量、呼吸量)からの生態影響評価解析 用水と廃水、54巻、9号、pp.683-690(2012)
S04 指定 高木達也 大阪大学 第40回構造活性相関シンポジウムにてポスター発表(静岡、2012年11月) 構造活性相関シンポジウム(静岡、2012年11月)


■LRI概要

LRIとは
出資企業
組織

■日化協の研究発表・成果

研究成果
外部発表
関係資料等
研究報告会
その他の活動報告

■研究者の皆様向け

研究募集
採択テーマ一覧
日化協LRI賞
採択研究者

■個人情報保護方針
■お問合せ
■リンク
■サイトマップ
Copyright(C) JCIA All Rights Reserved.